無料で自社製品や自社が運営している飲食店での食事、自社が取り仕切っているアミューズメント施設でのゲームプレイなどを優待券という形で自社株を持っている個人投資家に対して提供するといった優待制度のことを株主優待と言います。
株主優待券を利用することで、無料で食事ができたり衣類や日用品を無料で入手できたりしますし、休日に子供と一緒にアミューズメント施設での娯楽を格安で楽したりするといったメリットが株主優待があることから、株主優待制度というのは生活に役立つ独自の制度なのだと捉えておいていいでしょう。株主優待券の中には株主である本人だけでなく家族なども利用できるといった場合があるため、家族で食事に行く際に優待券を利用することも可能です。家族での外食費が完全に無料になることもありえるため、家計の助けにもなると言えるでしょう。
しかし株を発行している全ての上場企業が株主優待制度を導入しているわけではありません。将来的には導入される可能性もあるものの、ガラスや土石製品の製造や販売をしている東海カーボンでは現在株主優待による商品の個人株主への発送などを行っていません。今後東海カーボンの業績がさらに上向き、優待という形で東海カーボンの製品をもらい生活の中に取り入れたいといった株主の方の声が大きくなれば優待形式での製品発送が行われることもありえるでしょうが、現状東海カーボンの株を購入したとしても無料で東海カーボンの製品をもらえるようなことはないと考えておいてください。
生活に役立つ株主優待ではありますが全ての会社や企業が導入していない以上、もらえればラッキーといった程度の認識を持っておいて構わないと言えるのです。