株主優待の人気ランキングは、その利率もさることながら個人投資家が日常生活で身近な銘柄に集中しています。食品会社は製品の詰め合わせ、外食チェーンは食事の優待割引券、娯楽施設では利用権などで配当と合わせると利回りも高配当の傾向となります。最低単元株数も個人投資家が買いやすい100株単位としている企業があります。数十万円前後から投資できる手頃な株から人気で高値の銘柄もあります。株価が高騰しすぎて買いにくくなった場合は、分割されることもあります。分割後は、元の株価に近づくけいこうにあります。
ここ数年の人気銘柄の上位ランキングは、一位は、イオンです。決算月は2月と8月で優待の階数も年間2回あります。オーナーズカードの発行で保有数に応じてキャッシュバックの利率を設定しています。有名な企業では、オリエンタルランドの1日パスポート券です。この他の昨年の人気ランキング上位は、カゴメです。権利の確定する月は、6月と12月です。保有数で自社詰め合わせの金額が変わります。伊藤園は決算月とする企業が少ない4月として特徴を出しています。キャンドゥやマクドナルド、ビックカメラ吉野家などが上位を占めています。
デイトレーダーと言われる方は、日々多数の銘柄を取引をしてその売買の差額、利ザヤを目的にしていますし、投資金額も長期保有の人とはケタが違います。株主優待を目的としている個人株主は、長期保有する傾向にあります。株価が下がった時に買い足すのも良いでしょう。また、決算月は企業によって違いますから一年を通じて毎月、優待を楽しむ方もいます。株主優待を中止した企業の株価値下がりすることもあり、優待の魅力や人気が株価に反映されている事を示しています。