株をするときにはとにかく情報が命ですから、ニフテイー情報などを活用して企業分析をすることが重要です。
たくさんの情報を集めたからといって、かならず勝つことができるわけではありませんが、何も分からずに投資をするよりも何倍もリスクを抑えることができるので情報収集をして損をするということはありません。

企業分析をするときには企業の業績や配当、現在の株価水準にチャートからの予測といったものをする人も多いものですが、忘れてはならないのが株主優待による利回りです。
株主優待は株を購入したおまけのように考えている人もいるかも知れませんが、最近の優待人気は非常に大きなものがあり優待目当ての買い需要というものが一定数あるだけに、優待の内容を決して無視することができない状態となっています。
それに加えて株主優待のなかには金券ショップなどで高く買い取りをしてもらうことができる優待券などを配布している企業も少なくありませんから、そのような面を踏まえて考えた場合実質的な利回りは更に向上をすることになります。
このように現在株主優待が株価に与える影響というのは決して小さいものではなくなってきているので、企業分析などをして株化を予想する際には配当などと同じように無視することができないものとなっているだけに、株主優待はおまけと思っている人であっても必ず確認をしてから投資をすることが重要となります。
もちろん、株主優待も目当てで投資をするというのであればあえて優待の価値というのを考える必要はなく、自ら使用して高い利回りを期待できるというのであれば、その利回りを期待して投資をするというのも全く問題ないものであり投資の本質にそっているといえるものとなります。